PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

音楽:レビュー(プログレ以外)

ファティマ・ヒル7年ぶり3rdアルバム

札幌を拠点に活動している様式美メタルバンド、ファティマ・ヒル(Fatima Hill)の3rdアルバム「The Snow Tower」が8月にリリースされました。アルバムとしては2002年の2nd「AION」以来7年ぶり、2005年リリースのライブDVD「ALL RAIN ALL FRIENDS ALL RAIN S…

デッドエンド再結成ライブ@幕張メッセ

デッドエンド(DEAD END)の20年ぶりの再結成ライブを見るために幕張メッセで行われたイベント「JACK IN THE BOX 2009」に行ってきました。ラルクの4人それぞれのソロや、シド、ムックといった最近の人気バンドのファンであろう10~20代の女性が大半の会場で…

菊地成孔ダブセクステットライブ盤

菊地成孔ダブセクステット(NARUYOSHI KIKUCHI DUB SEXTET)の2008年7月から9月の3回の公演から収録したライブ盤「IN TOKYO」。菊地成孔は、ティポグラフィカ(Tipographica)などプログレ境界領域での活動も長く、名前は知ってはいましたが、しっかり聴いた…

ティンガーラの2008年作「組曲~命の森~」

ティンガーラ(Tingara)が自らのレーベル「天河銀河レーベル」から2008年8月にリリースした第一弾が「組曲~命の森~」。サウンドは現代的でありながら、なぜかノスタルジアを感じさせる作風は前作からの延長上とはいえ、何度聴いても聴きあきない魔的な魅…

デッドエンドの最高傑作「DEAD LINE」

インディーズに1枚、メジャーにスタジオ3枚、ライブ盤1枚(当初2枚組で再発時に1枚ずつに分割)のアルバムを残したデッドエンド(DEAD END)。メジャーデビュー作「GHOST OF ROMANCE」はBURRNでジャパメタナンバーワンアルバムとの評価を受けていたりもしま…

2009年上半期で一番聴いたのはラウンド・テーブル

2009年1-6月で一番聴いたアルバムはラウンド・テーブル・フィーチャリング・ニノ(Round Table feat. Ninoが2008年末にリリースしたアルバム「Distance」でした!アニメ「アリア」でお馴染みの曲も含む、どこか切なくも癒される名アルバムです。ある一時期、…

シブヤ系純粋培養のラウンドテーブルが新作アルバム発表

かつてシブヤ系というジャンルの音楽がありまして、必ずしも音楽のスタイルを示したものでもなく、その定義はあいまいなのですが、、その代表グループとされていたフリッパーズギターやピチカートファイヴもいまはなく、もはや懐メロと化している感もありま…

スチュワート&ガスキン18年ぶり新作「Green and Blue」

デイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキン(DAVE STEWART & BARBARA GASKIN)が18年ぶりの新作「Green and Blue」をリリースしました。デイヴ・スチュワートはハットフィールド・アンド・ザ・ノース、バーバラ・ガスキンはスパイロジャイラと、プログレファ…

サブラベルズ1st無事CD再発されました

ついにサブラベルズ(Sabbrabells)の幻の1stアルバムがCD化されました。思えば、昨秋、ドゥーム(DOOM)やジュラシック・ジェイド(Jurassic Jade)など全6作品が12月に再発されるということが決定したものの、発売日の延期、ドゥームの発売中止、ジュラシ…

フェイレイ@渋谷DUO MUSIC EXCHANGE

前回の「光と影」ツアーに行かなかったので、3年半ぶり5回目のフェイレイ(FAYRAY)のライブ。前回のライブがかなり良かったようで行かなかったのを後悔したので、無理してでも行こうと。平日19時スタートというところ、結局19時45分くらいにしか間に合わず…

フェイレイ「寝ても醒めても」

フェイレイ(FAYRAY)の3年ぶり8枚目のアルバム「寝ても醒めても」が1月にリリースされています。2006年からニューヨークを拠点とし(当初は放浪のようなことをしていたようですが)、この3年の間に贅肉をすっかりそぎ落として、白紙の状態で一から紡ぎ出し…

スピリチュアル・ジャズの名盤ジ・アンサンブル・アルサラーム再発

スピリチュアル・ジャズの名門レーベル「ストラタ・イースト(STRATA EAST)」のラインナップの中でも名盤とされるジ・アンサンブル・アルサラーム(THE ENSEMBLE AL-SALAAM)の「The Sojourner」がCD化されました。 ピアノやフルートと全面的にフィーチャー…

東京ロッカーズの記録「STREET KINGDOM」再刊

1980年前後の数年間の日本のインディーズ黎明期において、数々のバンドのマネジメントやイベントプロデュースに関わり、またテレグラフ・レコードというインディーズレーベルも主宰していた、地引雄一氏の1986年の著作「STREET KINBGDOM ~東京ロッカーズと8…

イタリアのプログレファンがクリスタルキングをどう思うのか知りたい

最近なにげにクリスタルキング(CRYSTAL KING)にはまっています。あの「大都会」が有名なクリスタルキングです。itunesのGeniusをいじっていたら、なぜか突如現れたのがクリスタルキング・・・。なんで? Geniusとは関係なしに偶然出てきただけかもしれませ…

非常階段DVD「聖水ライブ‘’89」

アルケミーレコードが非常階段のライブ映像DVDシリーズ「非常階段 / Legendary Live collection of Hijokaidan」を続々リリースしています。その第7弾が「聖水ライブ'89」。25分ほどのライブではありますが、壮絶のひとこと。こと細かに書くとあれなので、や…

浜田麻里ライブで樋口宗孝追悼

浜田麻里25周年ライブツアーファイナルが本日渋谷C.C.レモンホールで開催されました。あまり予習してなくて失敗したなと思ったのですが、最近のライブと違って、初期のハードロック時代の曲が多く、なじみのない曲が結構たくさんでした・・・。7月に出た25周…

ネルソン・スーパー・プロジェクト1st再発

ネルソン・スーパー・プロジェクト(Nelson Super Project)の1stアルバムがボーナストラック収録+リマスター+SHM-CD+DVD付きで「Nelson Magic Delux Edition」として再発売されました。ipodでしか聴かないのでリマスターとSHM-CDの効果は定かではありま…

激レアAORのニンバス初CD化

米ミシガンのAORバンド、ニンバス(NIMBUS)が1980年に1000枚限定で自主制作し、メジャーシーンではまったく語られることのなかった作品「Children of the Earth」がP-VINEより紙ジャケCDとしてリリースされました。レコードコレクターズの1999年9月号「AOR…

スペインのラ・オレハ・デ・バン・ゴッホDVD付きベスト盤

スペインの人気バンド、ラ・オレハ・デ・バン・ゴッホ(LA OREJA DE VAN GOGH、略してLOVG)の、ボーカル交代後初となるアルバム「A Las Cinco En El Astoria」が本国で発売となりました。日本のアマゾンやHMVでは9/30発売予定ということで早速予約しました…

永井ルイ ヒップスリップスの「ヒミツの宇宙旅行」

Rui's Hipslipsが1999年にリリースした快作胸キュンポップアルバム「Seacret Adventure~ヒミツの宇宙旅行」。アニメ主題歌風、アイドルソング風なのは、しょこたんの曲やセイラームーンの曲を手掛ける永井ルイのソロプロジェクトだから当たり前なのでしょう…

テニスコーツとセカイのコラボ作

天然系ボーカルさやと植野隆司のメタ癒しバンド、テニスコーツ(Tenniscoats)がセカイ(Secai)とのコラボ作「テニスコーツとセカイ」をリリースしました。セカイの方は私はよく知らないのですが、メンバーの二人、NSD(並木大典)とDasman(比留間毅)はテ…

オオフジツボ1st

壷井彰久は本当に器用なバイオリニストだなあと思います。現役では日本トップクラスで数々の海外公演も成功 させているKBBを率いる一方で、数多くのセッションやスタジオレコーディングに参加するなど幅広く活動していて、暗黒プログレバンド、ポチャカイテ…

3rdリリース間近、キーンの2006年ライブアルバム

itunesで2007年1月より限定公開されているキーン(KEANE)のライブアルバム「Live from LONDON」。ヒット曲「Somewhere Only I Know」など9曲を収録した、なかなか力強いライブアルバムです。ピアノ+ベース+ドラムという特殊な編成ながら、哀愁漂う男性ボ…

INO hidefumi@Billboard TOKYO

東京ミッドタウン内のライブハウス「Billboard TOKYO」に初めて行ってまいりました。出演アーティストはINO hidefumi(猪野秀史)。ドラムに生方伸彦、ベースに岡戸一朗を従えてのトリオ編成。2007年3月の恵比寿リキッドルームでのライヴ(DVDも発売)も内容…

猪野秀史が待望の2ndアルバム

フェンダーローズの魅力を最大限に引き出した傑作「satisfaction」で衝撃的デビューを飾った猪野秀史が待望の2ndアルバム「living message」をリリースしました。ミニアルバム「THE FORCE OF eXOTiC」、ライヴDVD「LIVE SET」を挟んでのリリースなので前作か…

タコ大全

タコ(TACO)は今見ても超豪華メンバーが参加する山崎春美のユニットで、80年代日本のインディーズを代表する怪バンド。そのタコの1st&2ndのカップリングで1994年にリリースされたCDが「タコ大全」です。内容は、ノイズ・うめき・パンク・チープなテクノ調…

D.ロックウッドも参加、仏ジャズファンクの名盤シンセシス

1976年リリースのシンセシス(SYNTHESIS)の同名アルバムで、レアグルーヴの再発専門レーベルVADIM(旧DARE DARE / PULP FLAVOR)からの再発ということで、勝手にもう少しひねりの効いたタイプかと思ってましたが、正々堂々の正統派ジャズファンクの名盤です…

INO hidefumiの07年ライヴがDVD化

INO hidefumi(猪野秀史)が2007年3月にリキッドルームで行ったライヴがようやくDVDになりました。完全収録でないのは残念ではありますが、ライヴの熱気そのままに、INO hidefumiの華麗なエレピが炸裂してます。メロウネス!! INO hidefumiオフィシャルブログ…

ジャパニーズブラスロックバンド、スペクトラムのベスト盤

トランペット奏者の新田一郎率いるスペクトラム(SPECTRUM)は、1979年にデビューし、活動期間は2年余りと短命ではありますが、ライブ盤含め6枚のアルバムを残し、CMタイアップなどもあって、商業的にも一定の成功を納めたといえるグループです。それだけメ…

「アリア」ライヴ!~五人囃子=ChoroClub+Senoo+YoichiOkabe@STB139

4月7日(月)に六本木STB139にて、アニメ「アリア(ARIA)」のサントラを手がけた、ショーロクラブ(Choro Club)、妹尾武、岡部洋一の5人による「五人囃子」のライヴが行われました。「アリア」は天野こずえ原作のコミックをアニメ化した作品で、コミックも…