PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

本当にすごいザバダックのプログレ!「ZABADAK プログレナイト2014」ライブ盤


プログレナイト2014 / zabadak

ザバダックの2014年7月12日公演「プログレナイト2014」を収録したライブCD+DVDはザバダックの数ある作品群の中でもプログレ度トップレベル、世の中に数あるプログレのライブ作品の中でもトップレベル、と言える超絶名作!!!

私は当日会場でライブを観てまして、 「昨年と比べると、プログレ度は下がっていました(特に後半)」 「『プログレナイト』と言ったところで来るのはいつものザバダックファンだし、特にプログレナイトと呼ばなくても…」 などと、ある意味失礼な、でも半分合ってる(と今でも思ってる)感想を残してますが、今回のライブ作品を聴きますとそのような印象は一瞬にして吹き飛びます。

本ライブ作品に収録されているのは、当日演奏された18曲中11曲。ライブのセットリストと照らし合わせると、1曲目「今日の夢のこと」から9曲目「風の巨人」までは、ライブと全く同じ。ライブでは10曲目、11曲目として演奏された「星ぬ浜」「遠い音楽」は未収録で、ライブ12曲目「ポーランド」と13曲目「相馬二編返し」を、本作では10曲目、11曲目に収録してそこで完結させています。ライブではその後「アンリーズナブルエッグ」「ガラスの森」「永遠の森」、アンコールで「光降る朝」「イージーゴーイング」の5曲が演奏され、ライブ会場の盛り上がりはむしろその後高まって頂点に達するわけですが、本作では後半のそれらの曲はことごとくカットという荒業!

この選曲によりプログレが濃縮され、実際見たライブとはずいぶん印象の変わる作品に仕上がっているというマジック!と、いうことで、ザバダックファンとしては、プログレも聴けるし、いつものザバダックも聴けるしで二度おいしかったライブですが、ライブアルバムとして生まれ変わった「プログレナイト2014」は、いつものザバダックは無し。本気の真正プログレだけのライブアルバムになりました。

通常版はCDのみですが、ライブ会場および通販取扱いは500枚限定のDVD付。あの感動の記憶が甦る名演の記録ということで迷わずDVD付をゲットしました。DVD収録の3曲はCDにも入っていますし、ほぼ固定のカメラで画質もそれほど高いとも言えませんので、熱心なファン以外はとくにDVD付にこだわらなくてもよいと思います。それよりなるべくたくさんの人(とくにプログレファン)にこの作品を聴いてほしいですね。

◇ZABADAK プログレナイト2014 <オフィシャル通販> 限定版(CD+DVD)|通常版(CDのみ) <日時・会場> 2014年7月12日@東京キネマ倶楽部 <メンバー> 吉良知彦(Vo,G) 小峰公子(Vo,Acc) 難波弘之(Kb) 楠均(Dr) 吉田誠(B) 向島ゆり子(Vl) 鬼怒無月(G) 藤井珠緒(Per) <収録曲> CD 1.今日の夢のこと 2.回転劇場 3.ニュウス 4.BIRD'S ISLAND 5.јесен 秋 6.KIMELLA 7.Лето 夏 8.グスコーブドリの伝記 9.風の巨人 10.POLAND 11.相馬ニ遍返し DVD 1.KIMELLA 2.風の巨人 3.POLAND