PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

社長!くるりの主題歌が入ってません!(レーハラカミ)

イメージ 1

7月28日に公開される山下敦弘監督の映画「天然コケッコー」、主演の夏帆がとってもかわいらしくていい感じですね(映画はでも、見には行かない気もしますが)。で、サントラをレイ・ハラカミが手がけていまして、7月18日にCDがリリースされました。サントラだからか小曲ばかり20曲の収録ですが、レイ・ハラカミらしい温かみのあるエレクトロニカサウンド。一番の魅力は、独特な音色。そして間(ま)、かな。曲やアレンジももちろんいいのですが、この音色と間が、優しさと寂しさを感じさせ、シンセミュージックなのに、とても人間くさい音楽に聴こえるのだと思います。

あ、なお、「社長!くるりの主題歌が入ってません!(レーハラカミ)」てのは、この映画の主題歌くるり「言葉は三角 こころは四角」がこのサントラには入ってないっていう、そのまんまの意味で、帯コピーになっております。

レイ・ハラカミの人となりを知るには、公式サイトの情報やブログよりもAll Aboutのインタビュー記事「レイ・ハラカミさんに伺う」を見るのがいいです(2005年5月「lust」リリース時のもの)。

その中でレイ・ハラカミの音楽遍歴が紹介されてましたので、引用します。なかなか面白いですね。
オフコース→YMO/Japan→King Crimson/Yes→XTC→Material→Robert Wyatt/Soft Machine→Henry Cow/Slapp Happy→Brigitte Fontaine→Reich→Debussy→Monpou→The Beach Boys/Van dyke Parks→The orb→A Tribe Called Quest→Ken Ishii→Aphex Twin→Stina Nordenstam→Antonio Carlos Jobim→Bach/Handel→Moody Mann→Suzukiski→Sheila Chandra & the Ganges Orchestra→Suppa Micro Pumchopp→Jim O'rouke→くるり→Number Girl→Radiohead→Kraftwerk→Transmat→七尾旅人