PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

軽快なシンフォニックハードロック、グレアム・エッジ・バンド

イメージ 1

Graeme Edge Bandはムーディブルース(Moody Blues)のドラマー、Graeme Edgeのソロプロジェクトで、「Kick off Your Muddy Boots」は1975年リリースの1stアルバム。親しみやすいキャッチーなメロディで全体的にもいい意味での軽さの漂う作品。ドラマーがリーダーだからと言うこともあるのかもしれませんが、ギター、キーボードなど各楽器の見せ場もバランスよく出てきて、オーケストラのアレンジが適度に派手さや華やかさも感じさせますし、女性コーラスが入る曲などもあって飽きさせない構成もいいです。「In Dreams」の中盤以降のギターとストリングスの疾走感のあるかけあいの部分にみられるように、シンフォニックかつハードな要素も持ちつつも荘厳とか重厚とは対極の軽快感がやはり魅力です。

主なメンバーは下記。スリー・マン・アーミー(THREE MAN ARMY)のメンバーが参加しており、ムーディブルース+スリー・マン・アーミーとの評価もありますが、スリー・マン・アーミーは聴いたことがないのでよくわかりません。
 Graeme Edge(Ds,Vo)
 Adrian Gurvitz(Vo,G)
 Paul Gurvitz(B,Vo)
 Mick Gallagher(KB)
 Ginger Baker(Ds)

2006年のデジタルリマスター盤にはシングル曲が1曲ボーナスとして追加されています。1977年発表の2nd「PARADISE BALLROOM」も同時にデジタルリマスター盤としてCD化されています。