PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

ナチコ(Nachiko、舘岡奈智子)1st「薬屋の娘」

イメージ 1

Nachiko(舘岡奈智子)という謎のシンガーのデビューアルバム「薬屋の娘」(1980年)。しっかりメジャーからアルバムをリリースしているアーティストに対し「謎」とは失礼な話ですが、逆にメジャー(しかもEPIC)からのリリースにもかかわらずこれまでCD化もされることもなく、知る人ぞ知る隠れた名盤として語り継がれてきたのがこの作品でもあります。私自身が知ったのはつい最近で「幻の名盤叢書 プログレッシヴ・ロック」の紹介を見て。

日本のケイト・ブッシュと呼ばれているとか呼ばれていないとかで、透明感のある独特なボーカルが特色ですが、私にはケイト・ブッシュというより矢野顕子に聴こえましたです。森園勝敏が参加しているからでもないでしょうが、サウンド四人囃子的なところもあり、四人囃子矢野顕子という雰囲気です。アルバムタイトルや曲名だけを見てもわかるとおり、ことばのセンスも独特で、歌詞にいたってはシュールとしか言いようのない内容で、こんなものがメジャーから平気でリリースされていたということもある意味驚きではあります。個性が強いので好みは分かれるでしょうが、B級としての魅力では決してなく、音楽的な完成度はかなり高いと思います。

プログレど真ん中ではないもののプログレ的な要素は色濃くあり、プログレファンとして必聴の名盤と言えるでしょう。メジャーどころに飽きたマニアな方には新鮮に響くはず。マスター紛失でCD化の見込みはないとされています(*1 マスターは存在し、紙ジャケ・ボートラ付CD再発が決定しました。脚注参照)


<「薬屋の娘」収録曲>
 A1.魂が旅にでちゃった (MY SOUL WENT ON)
 A2.昨日から明日へ(ASH-COLOUR)
 A3.水の炎(WISH YOU WERE HERE)
 B1.足跡を食べないで(DRY ROVE)
 B2.ボストンバッグの詩(BOSTON BAG)
 B3.ブラックジャックの子守唄(DEAR MY B.J.)
 B4.あんた(I'LL FILL SPACE)


*1 2013年12月20日ソニー・オーダーメイド・ファクトリーで3作の予約が開始され、26日に規定数に達したためCD化が決定!
予約:薬屋の娘お花畑は水びたし髪舞