PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

アリソン・クラウスがロバート・プラントとの共演作

イメージ 1

アリソン・クラウス(Alison Krauss)とレッドツェッペリン(Led Zeppelin)のロバート・プラント(Robert Plant)とのコラボ作「RAISING SAND」がリリースされました。

アリソン・クラウスはしばらく新作が出ていないので、早く出ないかなあと思っていたのですが、こんな予想もしなかった意外な組み合わせによる作品が出るとは。HMVレビューによると「2004年の「ロックの殿堂」で行なわれたLeadbellyのトリビュート・パフォーマンスでの共演を切っ掛けに知り合った」とのこと。

アリソン・クラウスは、ブルーグラスと言っても、自身が演奏するフィドルを前面に出したアコースティックな演奏をバックに、透明感のある美しいボーカルを聴かせるブリティッシュトラッドフォークファンならきっと気に入るであろうアーティスト。しかしこのコラボ作では、ブルースとカントリーが混ざったような雰囲気。ロバート・プラントの枯れ具合もいいですが、合っているんだか合っていないんだか微妙なところもあるアリソン・クラウスの美声との組み合わせが、なおいっそう幻覚的な雰囲気を強くかもし出しているような。

従来のアリソン・クラウスを期待するとそれは違うのですが、本人が、「驚きと未知の世界でもあり、限りなくロマンティックな作品。人生を賭けても惜しくない経験ができたわ」と語っている通り、彼女のキャリアの中でも特異な一枚になるのは間違いないでしょう。レッドツェッペリンの再結成ライブよりも(そりゃあ行けるなら行きたいけど)、このデュオによるライブを期待したいです。