PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

70年代にタイムスリップ!ハモンドマニア必聴

イメージ 1

スウェーデンのグループSAGOR&SWINGのオルガニストEric Malmbergの2ndアルバム「verklight & beat」、すでに非プログレ系のブログではたくさんの評価を得ている作品なのですが、これがプログレファン、とくにハモンドマニアにはたまらない内容なのです。ハモンドをはじめとする数々のキーボード群の温かく懐かしい響き。どこか遠くに聞こえるリズム、幽玄なストリングス。アーティスト名も何も知らずに最初に聴いたとき、これは70年代作品の再発盤と信じて疑いませんでした。これが2007年にリリースされた新作とは・・・。POP INSTRUMENTAL DE FRANCEとかCortexあたりにも通じる時代がかったサウンドがたまりません。

SAGOR&SWINGってのも恥ずかしながら初めて聞く名前だったのですが、4枚のアルバムを残してすでに解散しているものの結構有名なグループだったようです。SAGOR&SWINGもEric Malmbergもレーベルはハプナ(HAPNA)。テニスコーツのタンタンテラピーをリリースしていたレーベルでした。意外?なつながり。しかもタンタンテラピーにも参加していたTAPEのメンバーも参加しているようです。さらに、ボ・ハンソン(BO HANSSON)までもがゲスト参加しているという驚き(どうやらボ・ハンソンの弟子にあたるらしい)。恐るべしHAPNA。SAGOR&SWINGも聴いてみたいとおもいます。