PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

フラワー・トラヴェリン・バンド、再結成ライブ&新アルバムも

イメージ 1

フラワー・トラヴェリン・バンドの3作が紙ジャケで再発売されました。昨年末に35年ぶりの再始動が発表され、フジロックフェスティバルへの出演が決まっているほか、新作アルバムも予定されているもよう。紙ジャケも一連の動きのひとつ。

1971年の2ndアルバムが「Satori」ですが、この作品の完成度といったら、「1971年当時の日本のロックシーンにおいて」などと限定するまでもなく、日本のロック史に残る名盤といって差し支えないでしょう。収録曲は「Satori」Part1~5の5曲。、邪悪なリズムとリフ、東洋風の旋律、欧米バンドにも勝るとも劣らぬジョー山中のボーカルと、非の打ち所のないといってもいいくらいの作品です。

そしてこのバンドにとってもですが、われわれ聴き手にとっても幸運だったことは、活動当時からその実力を認められ(当時の日本のグループとしては稀有ともいえる海外進出も果たした)、途切れることなく聴き継がれてきたことでもあります。フジロックだけでなく、単独公演開催にも期待したいところです。