PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

テニスコーツとセカイのコラボ作

イメージ 1

天然系ボーカルさやと植野隆司のメタ癒しバンド、テニスコーツ(Tenniscoats)がセカイ(Secai)とのコラボ作「テニスコーツとセカイ」をリリースしました。セカイの方は私はよく知らないのですが、メンバーの二人、NSD(並木大典)とDasman(比留間毅)はテニスコーツが主宰するレーベル、マジキック(majikick)出身とのことなので、異種格闘技戦による新たな地平というよりは、聴いた感じからもこれまでのテニスコーツの延長に位置づけられる、ほのぼの怪しい癒し系不安神経症作となっています。デビュー時の衝撃の大きさを思うと、スタジオ作品においては、いろいろなグループとのコラボなど挑戦意欲は買いますが内容的には安定的な既定路線の作品のリリースが続いているような印象を受けなくもありません。しかしライブでは相変わらずの気炎を吐いているようなので、ちょっと私もスタジオ作で癒されてばかりいないで、ライブでドカンとショックを与えてもらいたいなと。

本作についても、目からうろこが落ちる、というような衝撃は受けませんでしたが、現代日本の音楽シーンにおいて稀有な存在として、その力を十二分にアピールする内容ではあると思いました。ライブのあの幻惑する感覚をスタジオ作にも入れることができたら、それがテニスコーツの大きな進化になるのではないかと思います。