PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

イタリアのプログレファンがクリスタルキングをどう思うのか知りたい

イメージ 1

最近なにげにクリスタルキング(CRYSTAL KING)にはまっています。あの「大都会」が有名なクリスタルキングです。itunesのGeniusをいじっていたら、なぜか突如現れたのがクリスタルキング・・・。なんで? Geniusとは関係なしに偶然出てきただけかもしれませんが。で、見ていたらどうやら1979年リリース1stアルバム「クリスタルキング」が今回新たにデジタルリマスタリングされ紙ジャケ再発となったようで、itsではなくそっちを買ってきてしまいました。

このバンド、多彩なキーボードとかコーラスとかが結構きれいだし、メロディもいいし、あと「和製ロバート・プラントの異名をもつ(wikipediaより)」田中昌之のハイトーンボーカルも相当いいです。曲は主にギターの山下三智夫の手によるもの、センスが光るキーボードは今給黎博美。テレビで見ていた印象ではボーカルばかりが目立つバンドですがバックがしっかりしてたということでしょうか。

「大都会」もアルバムで聴くと、2分以上あるアルバムのオープニングからシームレスにイントロにつながっていくところがかっこいい(ちなみに、アルバムの終わりも情熱的なギターと荘厳なシンセとファルセットによる「an end」への流れがかっこいい=コンセプトアルバムを意識しているのでしょうか?)。アルバム曲ではアコギ+シンセのシンプルなアレンジがきれいな「サマーシェイド」やシンセのイントロとオーケストラのアレンジがが印象的なバラード「時流」とかがいいです。ボーナストラックとして収録されているシングル「蜃気楼」(イントロのオルガン~オーケストラ+甘いギターがいい)「処女航海」もなかなか。このアルバムには入っていない「セシル」「チャーチ」などのシングル曲もキーボードとコーラスが美しい名曲ですね・・・。

なんでもプログレとこじつけなくてもいいのですが、イタリアの濃いベタな歌もの好きな人は結構いい感じなんではないかと思ってしまい、ふとイタリアのプログレファンはこれ聴いてどう思うのか知りたいと思いました。日本人はクリスタルキングに対してはバイアスかかりすぎていますからね。

調べてみたら、イタリアのメタルバンドDGMが「愛をとりもどせ」(TVアニメ「北斗の拳」主題歌)をカバーしてました。ただこれはどうでしょう。アニメつながりでしょうかねえ。