PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

ジョン・ウェットン&ジェフ・ダウンズ「ICON」

イメージ 1

2005年リリースのジョン・ウェットンジェフ・ダウンズ(John Wetton & Geoffrey Downs)のデュオによる作品「ICON」。2006年には2nd「ICON II RUBICON」が、そしてなんと驚くことに2009年3月に3rd「ICON 3」が出るとか!「ICON II」も既に聴いてないダメなファンですが、エイジア(ASIA)も、ジョン・ウェットンも大好きです!

ウェットンは、キングクリムゾン(KING CRIMSON)、UK、エイジア・・・とプログレ渡り鳥的な評価もありますが、いいバンドのいい時期に在籍していいとこ取りな感じでもあります。キングクリムゾンとエイジアのギャップなんかもなかなか素敵。キングクリムゾン、UKももちろんいいのですが、わたしがジョン・ウェットンを好きなのは、ジェントリーなボーカルと、ポップなんだけど憂いを秘めた曲でしょうか。「VOICE MAIL」「ARKANGEL」などのソロアルバムが名曲揃いで素晴らしいです。そして、いい大人なのにしょっちゅう喧嘩して別れたりくっついたりのエイジア。再結成エイジアが大好評の中で、なぜか次々リリースされるダウンズとのICONシリーズも正直なにがなんだかわけわかりませんが、この1stについては内容はいい。イアン・マクドナルド(Ian MacDonald)がフルートで参加したバラード「God Walk With Us」とか、アニー・ハスラム(Annie Haslam)がコーラスで参加した「I Stand Alone」など豪華ゲストも参加の名曲揃い。日本盤のみのボーナストラックは「Heat Of The Moment 2005」も特筆すべき点はないものの、名曲の再録ということでこれにも文句なし。

いま来日中なんですよね。ウェットンのライブは、1996年12月のハケット初来日公演と、エイジアのつもりでチケット取ったらウェットンのソロコンサートになっていた1999年8月と2度しか見たことないですが、久しぶりにウェットン節を聴きたくなってきました。時間取れれば行ってみようかしら?

ジョン・ウェットンジェフ・ダウンズ来日公演日程>
2/ 7(土) ビルボードライブ福岡
2/ 9(月) ビルボードライブ大阪
2/11(水) ビルボードライブ東京
2/12(木) ビルボードライブ東京