PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

GO!MAN-ZAライブ@沼袋サンクチュアリ

イメージ 1
中嶋一晃と永川敏郎の三十数年(34年か35年か2人で認識不一致)ぶりの競演が話題のGO!MAN-ZAのライブが、9月18日(土)、沼袋サンクチュアリで開催されました。プログレ三夜祭の2日目、Seraphita、Marge Litch、Water Gardenの演奏のあとトリの4組目として出演。奇しくもこの日はチッタでは植松伸夫と桜庭統が競演するファンタジーロックフェスティバルが開催されており、プログレファンとしては悩ましい選択となりましたが、私はGO!MANZAを選びました!

言うまでもなく中嶋一晃はページェント、夜来香、浪漫座などで知られるギタリスト、永川敏郎はシェラザード、ノヴェラ、ジェラルドなどで知られるキーボーディスト、どちらも日本を代表するプログレミュージシャンです。その二人の三十数年前の接点とは、乱舞流(ランブル)。「HISTORY OF JAP'S PROGRESSIVE ROCK(1994年)」によれば、1975年に中嶋一晃を中心に結成されたバンドで、76年にボーカルの亀谷奈津と、当時高校生だったキーボードの永川敏郎を加え77年にデモテープを制作、77年秋に解散とあります。このバンドの解散以来ってことで、34年ぶりだか35年ぶりの競演となったわけですね。

この日のメンバーは、中嶋、永川に加えてボーカル五十嵐久勝、ベース宇都宮清志、ドラム板倉JUN。それぞれ浪漫座、シェラドーザ(後シェラザードに改名・笑)、ジースザ(後ジーザスに改名・笑)、テラローザと、全員が「~ザ」という名前のバンドに所属していたこと、中嶋、永川、五十嵐の3船頭が傲慢ということで、傲慢ザ=GO!MAN-ZAというバンド名になったそうです。

さて、この日の演奏ですが、メモとかとってなかったんで曲名とかわからないんですが、だいたいこんな感じでした。乱舞流3曲(うち1曲はオムニバス「70's WEST JAPANESE ROCK SCENE」収録の「陽炎の町」)、フロマージュ1曲、ファッション1曲、魔璃鴉1曲(「70's WEST JAPANESE ROCK SCENE」収録の「SERENADE」)シェラザード2曲。

Kさんのブログにセットリストが掲載されてましたので転載させていただきます。
----
1.マジカル モーニング・・・ランブル
2.光の余韻・・・ランブル
3.陽炎の町・・・ランブル
4.伝説の夜・・・ファッション
5.セレナーデ・・・魔璃鴉
6.Rhapsody・・・シェラザード
アンコール
7.鏡・・・シェラザード

総演奏時間40分、関西プログレ歴史講座という名の漫談30分て感じの、とっても楽しいライブでした!

2011/9/18 秋のプログレ三夜祭(チラシ
GO!MAN-ZA
Vo.五十嵐久勝(Nuovo Immgrato、Scheherazade、Elastic Tone、Entrance、Novela)
Kb.永川敏郎:(Gerard、Scheherazade、Novela)
Gt.中嶋一晃(浪漫座、Go To HongKong、PAGEANT)
Bs.宇都宮清志(Cloud Forest、Baroque、OIL、Jesus、Belladonna)
Dr.板倉JUN (Cloud Forest、MARINO、Terra-Rosa、SNIPER)

夏のイベントのお知らせ|永川商店日記(2011/6/8)
ワロタ~。|永川商店日記(2011/9/19)
秋のプログレ三夜祭・・・2011.9.18 GO!MAN-ZAライブレポ♪|★Good night, Sleep tight ★(2011/9/24)
2011.8.14 GO!MAN-ZA Live レポ♪|★Good night, Sleep tight ★(2011/8/23)