PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

ステラ・リー・ジョーンズ1stアルバム「A FLOATING PLACE」

イメージ 1
ステラ・リー・ジョーンズ結成2年目にして初のアルバムとなる「A FLOATING PLACE」がいよいよ12月28日に発売されます。エレアスのライブ会場で予約したので一足早く入手でき、ここ3日間ずっとこればかり聴いていますが、今年出たプログレのアルバムの中でもトップレベルの出来。行けないのが本当に残念ですが、明日12月24日には吉祥寺シルバーエレファントでアルバム発売記念ライブが開催されます。

ステラ・リー・ジョーンズは、FLAT122やエレクトリック・アストゥーリアスのギタリスト平田聡が2009年に結成したバンド。メンバーは、平田聡のほか、佐藤真也(Pf、Kb)、佐々木絵実(Acc)、テイセナ(Vl)、瀬戸尚幸(B)、谷本朋翼(Dr)、くどうげんた(Per)の7人。アコーディオン、ヴァイオリン入り、しかもパーカッションも専任がいるという珍しい編成で、しかもアコーディオンの佐々木絵実はキキオン、ヴァイオリンのテイセナはエレアス/アコアス、ベースの瀬戸尚幸はQui、パーカッションのくどうげんたはデジャヴュと、プログレオールスター的なメンバーでもあります。

デビューアルバムの内容は、透明感のあるシンフォニックサウンドあり、サムラ・ママス・マンナ風のトリッキーな展開のチェンバーサウンドありと、曲のバリエーションもですが、1曲の中でもいろいろな場面が現れては消える、変幻自在なプログレ絵巻。FLAT122時代の曲やテイセナのソロアルバム収録曲などもリメイクされていますが、このバンドのオリジナル曲として聴いてなんら違和感ない仕上がりになっています。アコーディオンやパーカッションが正式メンバーとして入っていることで、表現の幅が広がり厚みを増しているのは間違いないと思いますが、キーパーソンはテイセナかも?エレアス、アコアスにも参加しているヴァイオリンのテイセナですが、アストゥーリアス以上に良い働きをしている印象です。アストゥーリアスではエレとアコがあえてわかれているため(マルチもありますが)、楽器がエレかアコかだけではなく、表現面でも演じ分ける必要があるのかな?などと素人には思えましたが、アストゥーリアスで聴く以上にいろいろな側面が聴ける気がします。

全体としては、CD帯の難波弘之のエンドースメント「めくるめく音(サウンド)の無国籍大サーカス!前衛なのにポップ、テクニカルなのにどこか懐かしい。彼らの音楽は、不思議な世界への魔法の扉です」の評価が正に我が意を得たり。今年出た日本のプログレは、アコアス、エレアスの新作も良かったですが、年末に届いた本作品もそれらに勝るとも劣らぬ傑作と言えると思います。

<メンバー>
平田聡(G)
佐藤真也(Pf、Kb)
佐々木絵実(Acc)
テイセナ(Vl)
瀬戸尚幸(B)
谷本朋翼(Dr)
くどうげんた(Per)

<収録曲>
1.Synapse
2.Parallel Railways
3.Memai
4.Jean Pierre
5.Ceaseless Memory
6.Watercolors
7.Clouds
8.X-Zone
9.Kagerou
10.Stella Lee Jones

stellaleejones.com|公式サイト
STELLA LEE JONES|Facebookページ 
アルバム発売/アルバム発売記念ライブフライヤー

STELLA LEE JONES 1stアルバム”A FLOATING PLACE"発売記念ワンマンライブ
@吉祥寺 シルバーエレファント
2011/12/24(土)open18:30 start19:00


STELLA LEE JONES Clouds