PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

7for4初来日公演2日目@秋葉原クラブグッドマン

イメージ 1
ドイツのメタルフュージョンバンド「7for4」の初来日公演が2013年2月23日(土)、24日(日)に秋葉原のライブハウスクラブグッドマンにて行われました。初日23日が是巨人、2日目24日がKBBと、国内最強のプログレバンドがオープニングアクト。どっちに行くかは悩ましいところでしたが、私は2日目に行ってまいりました。

バンド名の7for4とは「7拍子の曲を4人でプレイする」ところから来ているとのこと。リーダーでギタリストのWolfgang Zenk(ヴォルフガング・ツェンク)がテクニカルメタルのSieges Evenの元メンバーということもあり、7for4もメタルフュージョンと評されています。しかしときにシンフォニック、ときにメロディアス、時にファンキーということで、メタル、フュージョンファンのみならずプログレファンを始め幅広い層にアピールする音楽性です。

今日のライブでは、まさかのマネージャーによる日本語前説からスタート!かなりの長文原稿をおそらくはローマ字表記にして読んだのでしょうね。めったにない演出でちょっと感動。演奏の方は若干の機材トラブルもありつつも、テクニカルかつパワフルなパフォーマンスを披露。メタルやプログレのお作法(様式美)とかは追及してないと思われ、プログレとか思って聴くと雑駁な印象はぬぐえないものの、初めて聴く曲もそれなりに楽しめました。ライブバンドとしてのポテンシャルは結構高いと思いました。

2001年にデビューアルバム以来これまで3枚のアルバムをリリースしていますが最新作が2008年の「Defusion」。アルバムがしばらくご無沙汰なのですが、新曲も披露されたのでそろそろ次作を楽しみにしてもよさそうです。

驚きは客層の若さ!ほぼ満員という会場ですが、チッタやシルエレとは明らかに違います。私のようなおっさんもちらほらいましたが、20代と思われる若者が多数(若い女性も少なからずいました)。7for4の特徴なのか、いまどきメタルクラスターがこんななのか。プログレの高齢化が心配になりますね。

オープニングアクトのKBBは今や世界に誇れる日本の現役プログレバンドの代表格。私はしばらくご無沙汰でライブを観るのは3年ぶりくらい。7for4にも一歩も引けを取らない素晴らしい演奏でした。キーボードの存在感が少し増した気がしますが気のせいかしらね。KBBもしばらく新作から遠ざかってますが、既に新作のレコーディングを終えたことが明らかにされました。今年中に出るかも、とのこと。こちらも楽しみです。

◇7FOR4 来日メンバー
Wolfgang Zenk ヴォルフガング・ツェンク(G)
Markus Grutzner マルクス・グルツナー(B)
Klaus Engl クラウス・エングル(Dr)
Markus Froschmeier マルクス・フロシュマイヤー(Kb)

7FOR4 初来日公演2013 with KBB(2/24)with 是巨人(2/23)|CLUB GOODMAN
@7FOR4 7FOR4来日公演事務局 

☆ライヴリポート☆ KBB vs 7FOR4 (2.24.秋葉原グッドマン)|wonderyama のマニアックな世界(2013/2/26)

◇KBBメンバー
壷井彰久(Vl)
高橋利光(Kb)
Dani(B)
菅野詩郎(Dr)


@ProgRockAddict|twitter
◆プログレチャリティオークション開催中!! 
 ⇒ progressive_rock_addictの出品一覧|Yahoo!オークション


7for4 - E-Gyptian Live Drummer's Focus Festival 2003