PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

マティアバザールとアントネッラ・ルッジェーロが新作発表

イメージ 1

イタリアには、PFM、イルヴォーロ(IL VOLO)、イプー(I POOH)、チロ・ダミッコ(CIRO DAMICCO)、ボッテガデッラルテ(LA BOTTEGA DEL'ARTE)、アリーチェ・ヴィスコンティ(ALICE VISCONTI)、ラウラ・パウジーニLAURA PAUSINI)など好きなバンドやアーティストがたくさんいますが、今でも一番好きなのはマティアバザール(MATIA BAZAR)ですね。とくに80年代後半の、アルバムで言うと「MELO」「RED CORNER」あたりの頃。洗練されたアレンジと確かなテクニックでパッションとセンチメンタリズムを表現する上質な大人のポピュラーミュージックという感じがします。曲やアレンジも良いのですが、初代ボーカルのアントネッラ・ルッジェーロ(ANTONELLA RUGGIERO)の歌唱力・表現力がこのグループの魅力を最大化していたのは間違いなく、彼女がグループを離れてしまったときはとても残念に思ったことを覚えています。

時は流れ、アントネッラは順調にソロ活動を重ね、マティアバザールもボーカルを何人か変えながらも作品を発表し続けています。そして今年偶然両者がともに新作を発表。MATIA BAZAR「Profili Svelati」は新ボーカル(3代目?4代目?)Roberta Faccaniを迎えての作品で、イタリアらしい現代的なセンスの質の高いアルバムになっています。ANTONELLA RUGGIERO「Big Band!」。1曲目の、オルガン?をバックにしたアントネッラのボーカルからはじまり、オーケストラの演奏に続く展開、最初にコレを聞いて「あー昔のMATIA BAZARだ」と思ってしまった(1曲目だけ)。両方ともなかなかよいアルバムです。