PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

デッドエンド、WeROCK誌で新作を語る

イメージ 1

10月14日に発売されたロック誌WeROCK(元ロッキンf)13号で、メンバー4人へのインタビューを中心とした全10ページに及ぶデッドエンド(Dead End)特集が組まれています。インタビューは4人そろって行われたもののようで、JACK IN THE BOX 2009での再結成ライブやその後の新作レコーディングについて語っています。十数年の時を経て再びプロデューサーとして新作に携わった岡野ハジメへのインタビューもあり、MORRIEとYOUがネットでデータをやりとりして曲を完成させ、その後はリハーサルもほとんどなしにレコーディングに入り、ほとんどをテイク1、テイク2で決めたという話などが紹介されています。このほかプロモーションビデオの撮影時の機材の紹介や、デビュー以来のヒストリー、さらにはロッキンfの懐かしい誌面の紹介などなかなかの充実ぶりです。

さてそのデッドエンドの新作ですが、タイトルも「METAMORPHOSIS(メタモルフォーシス)」と決まり、リリース日も11月11日に決定。一部FMではすでにオンエアも始まっているようです。新作リリースと同時に、再発盤のCDでさえ廃盤となり一部では高値取引されている1st「DEADLINE」はじめ旧作も再発が決まり、あとは単独ライブのスケジュール確定待ちでしょうか。