PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

1990年ザバダックライブ@札幌

イメージ 1

ザバダック(ZABADAK)には彼らが1986年にミニアルバムでデビューした当時から注目していました。多く手がけていたCM音楽でも、それまでのCM音楽の枠を超える魅力的な曲を多数手がけ、それらをまとめた初のフルアルバム「WELCOME TO ZABADAK」はずいぶん聴きこんだものでした。ただ一方で、打ち込みを多用した作品でライブ向きとはあまり思えず、実際、当時の音楽雑誌のレビューでは、あまりライブの評価は高くなかったように思います。

私が初めてザバダックのライブを観たのは1990年8月13日(月)の札幌公演。ザバダックにとっても北海道初ライブです。前年にリリースされた「飛行夢」は、今でもザバダックの中で思い入れの深いアルバムですし、1990年6月にリリースされたシングル「HARVEST RAIN」も当時かなりハマってましたが、ライブには実は期待していませんでした。しかし、札幌公演が決まった時に、エジソン札幌店の店長に「最近のザバダックのライブは、金子飛鳥らのサポートを得てすごく評価も高い」と勧められ、気が変わって出かけて行ったのでした。実際、レベルは結構高く、とても良かったです。今でもスタジオ作はきっちり計算して作りこんでくるイメージはありますが、金子飛鳥や渡辺等らの一流ミュージシャンをバックにしたライブはライブでとても迫力のあるいいライブでした。いい意味で期待が裏切れられた、印象深いライブです。

さらにその4か月後、新作アルバム「遠い音楽」リリース後の全国ツアーでも札幌公演が実現しまして、2日公演の2日目となる1990年12月26日、今度は少し大きな会場(赤れんがホール)でのライブを体験しました。曲もメンバーも8月のライブと重なる部分もありますが、素晴らしい出来だったアルバムからの新曲「遠い音楽」なども披露され、狂喜した覚えがあります。ちなみにこの直後、1991年に1月11日にシアターコクーンで行われたライブが「ZABADAK LIVE」としてライブビデオ、ライブアルバムとして発売されており、とくにビデオの方は、その後も何度も見返していました。今聴くと、ちょっと素朴な感じもしますが、ザバダックはライブもいいと思います。

2月15日に新作スタジオアルバム「平行世界」がリリース予定のザバダック。3月28日大阪心斎橋BIGCAT、4月5日東京渋谷duo MUSIC EXCHANGEとライブがあるようなので、何年ぶりかに行ってみようかしら?

<セットリスト(出典:「銀視界」ひみつをめぐって)>
1990年8月13日@札幌MESSE HALL
・砂煙りのまち
・夜毎神話がたどりつくところ
・FOLLOW YOUR DREAMS
・美チャンス
・街角・影法師
・満ち潮の夜
・夢を見る方法
・LET THERE BE LIGHT
・水の踊り
・HARVEST RAIN
・わにのゆめ
・POLAND
・WALKING TOUR
・EASY GOING
・シリアスムーン

1990年12月26日@札幌赤れんがホール
・SALAH
・遠い音楽
・I AM
・生まれた街へ
・水の踊り
・HARVEST RAIN
・二月の丘
・夜毎神話がたどりつくところ
・とぎれとぎれのSilent Night
・POLAND
・AROUND THE SECRET
・UNREASONABLE EGG
・ガラスの森
・EASY GOING
・シリアスムーン
・遠い音楽