PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

ページェント「奈落の舞踏会+1Track」

イメージ 1

1987年に発売されたミニアルバム「奈落の舞踏会」にボーナストラック(「人形地獄」ライブ)を収録しての再発売。

名作「螺鈿幻想」発表後に、ライヴアルバムとして発売するためにライヴの収録まで行ったがそれをボツにしてその代わりに出されたというエピソードがライナーで紹介されていますが、既発のシングル・アルバム収録曲+スタジオライヴによる新曲という企画アルバム的な要素は拭えません。当時もライヴでもスタジオでもまるまる一枚新作が聴きたかったですが、それでも発売当時かなりこの作品も繰り返し聴いた覚えがあります。

1,2曲目はシングル「人形地獄」からの2曲で、アルバム「螺鈿幻想」と世界観を同じくする「人形地獄」(CDでは「螺鈿幻想」収録曲)と、B面曲らしい遊びの要素を含むページェント流ポップソング「真夏の夜の夢」。3曲目は「螺鈿幻想」とは別バージョンでクラシカルに歌い上げる「ヴェウイサシオン」。4~6曲目は旧B面収録のスタジオライヴ3曲。アルバム収録は初となる「奈落の舞踏会」「仮面の笑顔」と「木霊」。「木霊」は途中にケイト・ブッシュの1stアルバム収録「James and Cold Gun」のカバーを含む名演。そして今回CD化にあたってボーナストラックとして収録されたのは1987年ヤクルトホールのライヴから「人形地獄」。

改めてじっくり聴きなおしていますが、やはりいいバンドでしたねえ。ページェント。