PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

新世界/鏡の国のアリス

イメージ 1

プログレとはそもそも批評的というか、オマージュとかインスパイア、マッシュアップとかリミックスとかある種メタミュージックとしての要素があるわけでしょうが、バランスも大事でそればっかりだとちょっと食傷気味になったりします。
で、この新世界(shinsekai)ですがソノシート付き1stでは、ちょっとその遊び心が強すぎたのか弱すぎたのか、私には今ひとつ響かなかったのですが、この2ndでは突き抜けていて、かなり楽しめるアルバムになっています。まじめに聞くとちょっと馬鹿馬鹿しいですが、余裕を持ってその馬鹿馬鹿しさを楽しむべきでしょう。後藤マスヒロ(ex.ジェラルド、人間椅子)、壷井彰久(KBB)らゲストの好演もありますし、オンドマルトノやテルミンまで本物を動員したこだわりっぷりにも感激しますね。

ところでこのプロジェクトを率いる下田祐のブログによると、6月30日に「1年に1枚くらいのペースで、こういう豪華なアルバムをコンスタントに出していけたら」と書いていたのに、7月14日には「このCDの製作に会社の資産をほぼ全てつぎ込んでしまったので、会社経営が危機的状況」で「初回納品分の売上が好調」なのに「今回のCDが最後になるかもしれない、という事からも、会社存続のためにCDを買って欲しいという気持ちよりも、採算を無視してでも完成させた作品を、1人でも多くの人に聞いて貰いたいと思っています。コピーしても構わないので、知人などに勧めて欲しい」ということになっており、この間いったい何があったのでしょう・・・。GARDEN SEHDやWORLD DISQUEなどプログレ専門店での評価も高いので、何万枚も売れるということはなくても、制作費がまるごと全部持ち出しということもないとも思うのですが・・・。

いずれにしても、かなり面白いプロジェクトなので、今後もライブ含めてぜひ活動継続してほしいものです。