PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

サグラドのヴァイオリニスト参加のブラジル産メタル

イメージ 1

サグラドのヴァイオリニスト、マルカス・ヴィアナ(Marcus Viana)がゲスト参加しているということで、ブラジルのメタルバンド、スリープウォーカー・サン(SLEEPWAKER SUN)のデビュー作を聴いてみました。

マルカス・ヴィアナのヴァイオリンと女性ボーカルで始まり、ヴァイオリンをバッキングに鋭いギターリフに移っていくオープニングはなかなかドラマチックでいい感じです。男女のツインボーカルもメタルのダミ声ではないところもいいです。キーボードもかなり多用されており、メタルというよりプログレそのものといっても違和感ないくらいです。

マルカス・ヴィアナのヴァイオリンはこの1曲目と6曲目の2曲だけですが、ブラジルのプログレバンド、テンパス・フュージット(TEMPUS FUGIT)のメンバーもキーボードでゲスト参加しているなど、人脈的にもプログレっぽくて当然か。