PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

アイオナ「CIRCLING HOUR」

イメージ 1

アイオナ(IONA)が昨年10月に発表した6年ぶり8枚目(ライヴアルバム含む通算、スタジオとしては6枚目)のアルバムが「CIRCLING HOUR」。発売後すぐに買っていたのですが、ぜんぜん聴いていなかった・・・(後悔)。大傑作ではないですか!

クラナド(CLANAD)のポップな部分のいいところとコアーズ(CORRS)のシリアスな部分のいいところだけを合わせたような(そういう喩えがあまり意味ないですが、無理やりこじつけ)、極上のケルティック・シンフォニック・サウンド(?)は健在。前作(「Open Sky」)の出来も素晴らしかったですが、それをさらに上回る出来といっていいでしょう。つまりいまのところアイオナの最高作。神の領域に近づいているかもしれない。心配なのはこのままシリアスかつ難解になりすぎて、親しみやすさが失われてしまうことですが、次作あたりはそうなるかもなあ、という予感。クラナドなんかも中期の頃が一番好きだし。

にしても、時間の止まった深海のように冷たく静かな奥深さと荘厳さ、吹雪が急に止んで抜けるような青空が現われるような爽快感、このバンドをプログレバンドと呼ぶかどうかはともかく、これぞプログレの醍醐味と言えるような曲を次々繰り出してくる、本当に得がたい孤高の存在であることを改めて深く認識させられる力作ですね。前回来日時は行けなかったのですが、ぜひとも再来日してほしいです。