PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

RAUL PORCHETTO70年代ソロ作がCD化

イメージ 1

セルヒラン(SERU GIRAN)、スイヘネリス(SUI GENERIS)、それに私の大好きなアウカン(AUCAN)などアルゼンチンは歌ものプログレの宝庫って感じで多くの名作がありますが、このRAUL PORCHETTOの1978年作「Volando de Vida」も最良の部類に入る逸品です。もの悲しげなメロディを奏でるややフォーキーなアコギをバックに、スペイン語のやさしい響きで柔らかに歌う中性的なボーカル・・・。キーボードのアレンジも絶妙で、歌ものプログレファンの心の琴線をこれでもかと言わんばかりに揺さぶってきます。甘すぎて受け付けない人もいるかもしれないですが私は大好きです。あと、インスト部分はメロウな70年代ジャズロック的展開で、叙情パートとの対比もこれはこれで楽しめるかと思います。

RAUL PORCHETTOは、70年代初期から現在まで息長く活動を続けているアーティストのようで、PorSuiGieco名義のバンド作ほか多数のソロ作をリリースしています。本作も含め70年代のソロ作品がEMIから一気にCD化されているので、他のアルバムも聴いてみようと思いました(「Mundo」あたりもなかなかよさそうですし)。