PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

ケルト風スパニッシュバンド、エル・ スエニョ・デ・モルフェオ

イメージ 1

メカーノ(MECANO)やラ・オレハ・デ・バン・ゴッホLa Oreja de Van Gogh)のように、ずばりプログレではないけどプログレファンの心をくすぐるバンドが時々スペインにいます。このエル・ スエニョ・デ・モルフェオ(EL SUENO DE MORFEO)もそんなバンドのひとつなんでしょう。女性ボーカル、ラケル・デル・ロサリオ(Raquel del Rosario)を擁した3人組のグループ。インディーズ時代にXemaの名前で1枚のアルバムをリリースしたのち、現在のバンド名に改名して2005年にメジャーデビューし、これまで3枚のアルバムをリリースしています。ガーデンシェッドの紹介文によると、最新の3rdではケルト色は後退しているようですが、2007年リリースのセカンド「Nos vemos en el camino」では、フィドルなどのアイリッシュ楽器を使ったアレンジが、アイオナコアーズなんかを思わせる雰囲気もあり、ラテン系ポップスというよりアイリッシュ系が好きな人達にもオススメできそうな感じです。ラ・オレハ・デ・バン・ゴッホもそうですが、このバンドもスペインではアイドル的な人気だそうで、それもなるほどと思わせるとってもキャッチーなメロディが、逆に唯一抵抗感のあるとこだったりして。

このバンドはガーデンシェッドで知ったのですが、20年前にメカーノを知ったのは新宿エジソンで、もしかしてその時のセレクトも林さんだったのかも、とふと思いましたよ。