PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

ラ・オレハ・デ・バン・ゴッホ新ボーカル加入後初アルバム

イメージ 1

スペイン国内ではすでにヒット作品となっている、ラ・オレハ・デ・バン・ゴッホ(La Oreja de Van Gogh)のメンバーチェンジ後の最初のアルバム「A Las Cinco en el Astoria」の米国盤がリリースされ、日本でもamazonなどを通じて輸入盤を入手できるようになりました。

昨年脱退したボーカルのアマヤ・モンテロ(Amaia Montero)に代わる新ボーカル、レイレ・マルティネス(Leire Martinez)を迎えての最初のアルバムということで、期待と不安の半々で聴きましたが、逆にボーカル以外のメンバーは代わってませんので、バンドの雰囲気としては従来と大きく違ったイメージはなく、アルバムもファンの期待を裏切らない内容です。新旧2人のボーカルは似ているというわけでもないですが、シンセを巧みに使ったアレンジで聴かせる甘く切ないメロディを歌うのにふさわしいボーカルだと思いました。

サウンド的には日本のファンにも受け入れられるだけの力はあると思うのですが、なかなかスペインのアーティストが日本でふつうに聴かれるようになるというのは、音楽それ自体や関連情報がネットによってグローバル化しているとはいえ、現実的には難しいのかもしれません。