PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

泉陸奥彦1stソロアルバム

イメージ 1

プログレファンにはダダ(DADA)やケネディ(KENNEDY)がお馴染み(よりマニアな方にはSADATOグループやAFTER DINNERのギタリストとして)、でもいまやコナミの人気ゲームギタフリドラマニの音楽制作者として著名な泉陸奥彦が、初のソロ「HEVEAN INSIDE」を昨年末にリリースしていました。ゲーム用の曲をアルバム用に新録したものをメインに新曲4曲を加えて作品化したもののようです。DADAやKENNEDYを期待すると違うし、プログレでもないのですが(狙ってもいないだろうし)、泉陸奥彦のテクニカルなギターと、音楽性の幅の広さを感じさせるには十分な作品でしょう。アニソン風女性ボーカル曲も数曲入っています。実際元がゲームミュージックですし、ゲームミュージックやアニメのOST作品が好きな方には違和感がないはずです。

泉陸奥彦プログレ関連作はDADAの2枚のアルバムとKENNEDYの1stがキングレコードプログレ専門レーベルNEXUSからリリースされていますが、プログレ作品としては自主盤で出たライヴアルバム「KENNEDY II」が一番かと思います。マハヴィシュヌオーケストラ風の熱く燃える体育会系テクニカルジャズロックという感じで当時もずいぶん聴き込んだものです。