PROGRESSIVE ROCK ADDICT

英伊のみならず西北東欧・南北中米・アジア各国のプログレを愛聴。日本のも好きです。目白や新宿、吉祥寺、川崎、関内にしばしば出没。 昔の音楽雑誌を集めてたり。最近は和モノAORやアイドルもよく聴いてます。twitter: @ProgRockAddict

ウクライナのER.J.ORCHESTRAを聴いてみたらすごかった

イメージ 1

先日ウクライナプログレバンド、KARAFAGENについて感想を書いたところ、papiniさんよりお勧めいただいたのが、同じウクライナのER.J.ORCHESTRA。3枚アルバムが出ているようで、私が手にしたのは「Unicorn」というアルバムですが、かなりの上物でした。1998年にデビューしており、2004年発表の本作は3rd。活動歴も長く、作品の質もこれだけ高いのに、いままでノーチェックだった・・・。ウクライナという国名で、バイアスがかかっていたのかな?

KARAFAGENは、完成度の高い洗練された典型的なシンフォニックロックでプログレファンにはたまらない内容ですが、こっちの R.J.ORCHESTRAはさらにそれを上回る感動。ウクライナ恐るべし。R.J.ORCHESTRAは、パット・メセニーが引き合いに出されることも多いようですが、この3rdはトランペットなども多用してECM系ジャズの雰囲気なんかもかもし出しつつ、ピアノやヴァイオリン、フルートなどのアコースティック楽器で迫ってくるあたりは、スウェーデンのイシルドゥルスバーネ(の初期を除く)とか、トリビュート(Tribute)の4thなんかを思わせる、プログレの幅をはるかに超えた傑作アルバムですね。シンフォニックかつシリアスなんだけど、難解ということもなく、透明感のある壮大なメロディにじっくり浸れます。私は音楽聴くのはもっぱら携帯電話なんですが、こういう音楽は高級オーディオで聴くのがきっといいんだろうなあ。